雪の中のオドリコソウ2019/12/28

オドリコソウ

道路のすみっこにオドリコソウが咲いていてびっくりしました。暖冬とはいえ師走も押し迫った冬にです。春に咲く花で3月~6月頃に良く見かけます。寒い日の後に暖かい日があったので冬が過ぎて春になったと勘違いしたのでしょうか。割と日当たりの良いところに咲いています。名の由来は花が輪になって笠をかぶった踊り子の姿に似ているからで「踊子草」の和名が付いています。花には密があり花を抜いて付け根のところの密をよく吸ったものです。ほんのり甘い蜜です。

ヒメオドリコソウ

春、良く見かける花なので「ああ 咲いている」位にしか思いませんが、ひ弱な花で外来のヒメオドリコソウに負けてしまいそうだということです。そういえばオドリコソウの大群落は見たことがありませんが、ヒメオドリコソウは石垣の小さな隙間でさえ小さな群落を作っています。日当たりの良い場所に大きな群落を見ることがあります。

スポンサーSponsor