雨に濡れたサンカヨウの花2020/05/16

久しぶりに纏まった雨が降り、まだサンカヨウが咲いているのか心配しながら写真を撮りに行くことを思い立ちました。ちょっと雨足は強いけど、思い立ったが吉日。到着した頃には雨も止んでサンカヨウもまだ咲き残っていました。雨水をしっかり吸い込んだ花びらは、ガラス細工のような感じです。家でそうめんを食べる時用のガラスの器に似ていて何だか可笑しくもあり。

透明になる理由はまだ解明されていないとのこと、自然の不思議ですね。大きな葉に乗り白いままで十分美しいのに、雨水や朝露で透明になるなんて。雨の中でしか見ることのできない花。人間が霧吹きで水をかけても透明にならないのかも。以前お客様が大きなポリタンクに水を持ってこられ、長い間水をかけ続けたけど透明にならなかったと言っておられました。

同じ条件下でも透明になる花とそんなにもならない花があるような気がします。開ききった花はよく透いていますが、ちょっと開いたくらいのものは白いままの花が多いような気がします。雨のあたり具合がちがうのでしょうか。

花も終わりに近づいて、早いものは種を付け始めています。今日は一日雨模様。明日は回復するそうな。また白い花に戻るのですね。山奥で人知れず、透明になったり白くなったり不思議を続けるのですね。

スポンサーSponsor