晩秋のハチ北2018/11/16

今日のハチ北は曇り空です。頂上付近の木々はすっかり落葉して雪を待つばかりになっています。

今日は、ダケ線を通って山に行きます。途中、休耕田のススキが雪のようにきれいにひかり、遠くにはイチョウの黄葉が杉の中に目だっています。思わず車を停めてパチリ。

遠くに北壁と北壁樹氷コースが見えてすっかり落葉しています。今朝8時頃の麓の気温は4度だったので、今日が雨なら初冠雪だったかも・・と思いつつ車を走らせました。

中央ゲレンデでは、雪の山が増えていよいよシーズンが近くなった感じ。草紅葉の上の雪はきれい。

先日、水仙の球根を植えた場所がどうなっているのか見に行くと、今はまだ猪の被害にも合っていない様子。安心しました。遠くに目をやると雲海が出るというのか、立ち込めるというのかわからないけれど、なんとも幻想的な風景。あの雲海の下はすごく曇っているんだろうなと現実的なことを思いつつしばらく眺めていました。

雲海を見てから少し上に行くと、下方にまだ少し残った紅葉に包まれたゲレンデの宿舎が見えてきます。いつも見ている光景なのに、ため息が出るほどきれいでびっくり。ハチ北は四季折々どこも絵になることを再確認しました。

スポンサーSponsor