ヤブカンゾウの若芽2019/03/18

日当たりの良い土手にヤブカンゾウの芽が出ています。奇麗なスーとしたきみどりの若い芽です。まだヤブカンゾウの名前を知らない子供の頃、ピーピーグサと言って子供同士で摘みに行ったものです。その頃は積雪量が今よりグッと多かった気がします。冬に雨が降るなんて思いもせず、春が待ち遠しく土を見るのが楽しみだった頃です。
この辺りはひな祭りが4月だったため、ちょうどその頃ヤブカンゾウが摘み頃になり、ひな壇には毎年、ヤブカンゾウのおひたしをあげたものです。

夏になると背丈もグッと伸びて八重でオレンジ色のユリのような花を咲かせます。大き目の花なので目立ちます。蕾も食べる事が出来、見ても食べても良い植物です。

スポンサー