ハチ北秋の自然観察会2020/10/08

ハタケシメジ

10月7日・8日と「ハチ北秋の自然観察会」を開催しました。今年は9月の雨が少なかったためか例年よりキノコが遅くて心配しましたが、ハタケシメジ、サクラシメジ、アミタケ等食用キノコが大量に収穫できました。昨年の今頃はナラタケがたくさんあったのですが今年はほとんど姿を見ません。

サクラシメジ

採取したキノコは同定会後、キノコ鍋となり舌鼓をうちました。またバター炒め等にもしていただき美味しくいただきました。又、サルナシの実もお客様は大喜びをされていました。

アミタケ(鍋に入れると紫になる)

2日目は雨天のため屋内で「苔とキノコ「」についての講演をしていただき苔とキノコの奥深さに感激しました。昨年までは2日間ともキノコや木の実の採取でしたが来年は1日は勉強会もいいな、又来春は「苔の観察会」もいいなあという話も出ました。とても有意義な2日間でした。遠方よりお越しくださいましたお客様、本当にありがとうございました。本当に味覚の秋を実感でした。

スポンサーSponsor