ハチ北のヒマワリ2019/08/03

酷暑の毎日が続いていますが、酷暑もおかまいなくハチ北でもヒマワリが元気に咲き始めました。中山間の棚田を利用したヒマワリ畑です。びっしりすぎておよそ何本かなんて数え切れません。ハチ北でも水田が少なくなり荒地になりつつある水田も増えてきました。

夏の花といえばヒマワリ。和名は向日葵。花が太陽の方向をむいて動くことから。誰でも知っています。でも実際は若い蕾の時だけ太陽の方向に向き、夜は向きを戻して、成長して花が咲いてからは東を向いているそうです。そういえば蕾は上向きになっているけど上向きに咲いている花を見ないし、鉢伏山は西方向にあり、このヒマワリ達は鉢伏山の反対側を向いて咲いている。花は東向きだということですね。納得です。

草丈3m程のヒマワリが皆同じ方向を向いて咲いている。すごいですね、壮観です。あまりにも夏の花として当たり前すぎるので何とも思わなかった花ですが、近くでよく見ると本当にかわいい元気をもらえるような花でした。

スポンサーSponsor