ツチアケビの実2019/09/23

薄暗い林の中で茎も実も赤いラン科のツチアケビが実をつけています。草丈50cm程でしょうか。名の由来は実がアケビに似ているのでツチアケビ(土木通)と名付けられたそうです。アケビというよりウインナーソーセージみたいですね。ちょっと不気味な感じもするけど。果実を天日で乾燥させたものを土通草(どつうそう)と言って強壮、利尿作用等の効能があるそうです。

6月頃にはいかにもランらしい花を咲かせます。実からはちょっと想像しにくいけどランです。葉を持たず光合成をせずナラタケに寄生し、栄養をもらい成長する菌従属栄養植物です。そういわれてみればショウキランに似ている。ナラタケに寄生ということは、この辺りにはあのポリポリと食感のいいナラタケが発生するということかな。楽しみ!。

スポンサーSponsor