イチリンソウ2019/04/18

キンポウゲ科のイチリンソウ(一輪草)が白い花をつけひっそりと咲いています。名前は見た通り、一輪の花をつけるのでこの名前。花びらに見えるのは萼だそう。何て綺麗な萼だこと。良く似たニリンソウ(二輪草)よりしっとりとした感じです。径も4cmほどあり目立ちます。ニリンソウは少女、イチリンソウは女性って感じかな。

ニリンソウほどの大群落は見たことがありませんが、イチリンソウの群落も花が大きいので見ごたえがあります。

よく土手で見かける花ですが、この群落は建物のすぐそばなのに余り人目のつかないところで咲きほこっていました。毎年人知れず春を謳歌しているのでしょうね。この群落を見つけた時は悲鳴を上げてしまいました。

スポンサーSponsor