イイギリの実2018/12/22

よく通る道からよく見える場所にイイギリの赤い実がたわわに実っていました。本当に良く通る道なのに、今日初めて見ました。遠目にも赤く目立つのに。

葉も割りと大きく形も桐に似ており、昔はこの葉にご飯を包んだので飯桐(イイギリ)の由来とのこと。20センチ以上はありそうな房がたくさんぶら下がっています。

南天の実に似ているので、南天桐とも言うそうです。こんなにたくさんの実がついて食べる事が出来たらいいのにと思い調べてみました。生食出来るけど苦くて美味しくないとの事。今の時期に残っているということは、鳥もあんまり好きではないのかも。よほど餌が無くなったら食べるのかも。色に乏しい冬の林に赤い実はとってもきれい。とにかく今日は、この実に出会えていい日でした。

スポンサー