アカメガシワ2019/05/14

「村岡ダブルフルウルトラランニングの宿泊及びバスの申込」受付がようやく一段落し、外に出かけてみると、1週間前とは景色が違っていますね。山々の緑も深くなって咲いている花も変っています。ふと目をやるとトウダイグサ科のアカメガシワがきれいな新葉を出しています。名の由来は新葉が赤く又カシワのように葉が大きくなることから来ているようです。

新葉の赤は星状毛で、葉が小さい内は星状毛が密集しているため赤く、葉が大きくなるにしたがって星状毛の量は同じでも密度が薄くなったり、落ちたりして次第に緑になっていきます。試しに赤い葉をティッシュでこすってみました。星状毛はぽろぽろと剥がれて本当に緑の葉になりました。若葉が星状毛で守られているようです。一本の枝にいろいろな状態の葉が展開していて様子が良くわかりなるほど・・・です。

あまりに普通にありすぎて何にも思っていなかったアカメガシワ。この若い葉はてんぷらにすると美味しいそうですが、ちょっと食べてみる勇気がありません。食べたという人にも今のところ会ったことはありません。

スポンサー